メガソーラーを利用して投資を成功させよう│エコ投資がっぽりマネー

ビル

土地を選ぼう

相性が良い雑種地

太陽光発電

メガソーラー投資をするのであれば、土地選びから慎重に行なう必要がありますが、特に注目されているのが雑種地と呼ばれる土地で、ゴルフ場や飛行場などを指します。このような雑種地は太陽光パネルを設置するのにかなり適していると言われているので、メガソーラー投資のチャンスと言えるでしょう。ゴルフ場のオーナーや未だ土地活用の方法が決まっていないという人は太陽光パネルを設置してメガソーラー発電を開始するのも1つの活用方法です。広大な土地は、ゴルフ場や野球場、飛行場などに利用されることが多いですが、経営が難航してしまうと赤字になってしまいます。リスクも少なく、利益も見込める効果的な方法としてメガソーラーを検討してみても良いでしょう。

原野や宅地を利用する

メガソーラー投資をするときには、原野や宅地を利用することもできます。原野の場合、場所によっては建築が制限されているケースもあるので、事前に確認が必要でしょう。しかし、周囲に高層ビルなどが建っていることが少ない原野の場合はメガソーラー投資にかなり向いていると言えます。宅地の場合であれば、建物の屋上に太陽光パネルを設置してスタートする場合がほとんどですが、宅地の場合は1万5千平方メートルの面積が必要となるので、設置契約をする前に屋根の面積調査をする必要があります。メガソーラー投資をする人の中には、宅地の固定資産税負担を少しでも軽減する為に、あえて建物の屋根に太陽光パネルを設置する人も多くいます。暮らしを営む土地の中で出来る投資として宅地を利用したメガソーラーはかなり有効的な方法と言えるでしょう。